ガイドブックライフスタイル

食文化

食文化
アデレードの中央市場
オーストラリアの食文化は、この国に移り住んできた人々が持ち込んだ、それぞれの異なった食文化に支えられ進化してきました。植民地の名残から、かつてはイギリス食文化の伝統を多く受け継ぐものでしたが、今日では、多彩な食べ物を味わうことができます。そのため、歴史的に典型的なオーストラリア料理と呼ばれるものはほとんどありません。
食文化
朝食
朝食は、一昔ほど前まではベーコンや卵料理などが主流でしたが、現在では、健康志向の高まりを受け、フルーツやジュースから始まり、シリアルやオートミール、トーストにバターやジャム、蜂蜜、ベジマイトなどを塗って食べるのが一般的です。

昼食は、サンドイッチとフルーツ、また温かいランチとしてミートパイやソーセージロール(ソーセージ用のひき肉をパイ皮に包んで焼いたもの)、フライドポテトなどを食べることもあります。このような食べ物はスポーツ・イベントなどでもよく売られています。

夕食も、肉料理に数種類の温野菜といった伝統的なイギリス式の夕食のみならず、ほとんどの家庭で米料理やパスタ料理、サラダなどが食卓に上がります。オーストラリアでは、オージー・ビーフとして日本でも親しまれている牛肉や、子羊肉が広く出回っていますが、豚肉、鶏肉もよく食べられています。またシーフードも非常に人気があります。
食文化
公園のバーベキューグリル
食文化
国内には様々な国のレストランがあり、タイ、イタリア、 インド、日本料理などが特に人気を博しています。また、 週末や休日になると、家族や友人たちと自宅の庭や公園、ビーチなどに集まってバーベキューをする人々をよく見かけます。

オーストラリア式のバ一ベキューでは、 肉やソーセージ、海老などをグリルで焼き、別に用意したサラダやパン、デザートなどと一緒に楽しみます。バーベキュー文化が根付いているオーストラリアでは、 公園などの公共スペースの多くに、人々が気軽に利用できるバーベキュー用グリルが設置されています。
食文化
オーストラリアはワイン生産大国で、世界中の多くの国にワインやビールを輸出しています。オーストラリアでは18歳からお酒を飲むことが許されています。

国民の祝日

オーストラリアには、次のような祝日があります。こちらで紹介しているのは全国共通の国民の祝日ですが、この他に各州独自の祝日もあります。

元日
シドニー湾の大花火大会
元日
オーストラリア人は、日本人と同様、1月1日に新年を祝います。大晦日は家族や友人達と一緒に遅くまで起きて、料理やお酒を楽しみながらカウントダウンで新年を迎えます。深夜0時になると『蛍の光』を歌う人もたくさんいます。

オーストラリア・デー
オーストラリア・デー
1月26日はオーストラリアの建国記念日にあたるオーストラリア・デーです。1788年のこの日、英国海軍士官アーサー・フィリップが、多くの受刑者と護衛を乗せた11隻の船でボートジャクソン湾(現在のシドニー湾)に上陸し、入植を開始したことを記念した祝日です。今日では、新しくオーストラリアの市民権を得た人々が、証書を授与される式典などが行われる日として重要な役割を担う日でもあります。

アンザック・デー
アンザック・デー
オーストラリアでは毎年4月25日にアンザック・デーを祝い、戦争で戦った人たちに敬意を表します。第一次世界大戦の最中、1915年のこの日、オーストラリア・ニュージーランド陸軍連合軍(アンザック軍団)がトルコのガリボリに上陸しました。8か月の悲惨な戦況で何千人という兵士が命を落とし、最終的には撤退を余儀なくされましたが、後に大変悲惨な厳しい状況の下で戦った勇敢な兵士の話が広まり、オーストラリア国民としての意識や愛国心を象徴する日となりました。この日野外で行われる夜明けの礼拝や午前中の軍のパレードには、退役軍人や現役軍人を含め何千人という人々が参加し、第一次世界大戦以降の戦争で亡くなった全ての兵士に敬意を表します。

復活祭
ホット・クロス・バン
復活祭
イースターは、イエス・キリストの復活を祝う、キリスト教徒にとっては最も重要な祭日のひとつです。イースターは秋分(北半球では春分)後に迎える最初の満月の次の日曜日に祝われるため、年によっては日付が変わる移動祝日です。キリスト教徒は、教会での礼拝に出席し、ホット・クロス・バン(ドライフルーツの入った甘い菓子パンで上に白い十字が入っている)などでお祝いをします。また、復活の象徴である卵(通常はチョコレートエッグなど)を屋内や庭などに隠して、子どもたちに探させるエッグハントといった遊びも行われます。オーストラリアでは、イースター直前の金曜日であるグッド・フライデー(聖金曜日)および、復活祭翌日のイースター・マンデーが合わせて休日となり、秋の連休となっています。

女王誕生日
女王誕生日は英連邦諸国の元首でオーストラリアの女王である、エリザベス2世の誕生日を祝う日です。オーストラリアでは通常6月の第二月曜日(西オーストラリア州を除く)を女王誕生日としていますが、実際にエリザベス女王が生まれたのは4月です。イギリスではキング・ジョージ5世(1865年6月3日生)が君主であった頃から、彼の生まれた6月に君主の誕生日を祝ってきたため、現在もこの名残で6月に女王誕生日が祝われています。オーストラリアではこの日は祝日ですが単なる記念日にすぎず、特別な伝統があるわけではありません。

クリスマス
クリスマス
クリスマスは12月25日で、オーストラリアでは夏にあたります。このため、オーストラリア人はクリスマス休暇の一部を家族とビーチで過ごすこともよくあります。サンタクロースは、日本の子どもたちのところにやって来るように、オーストラリアの子どもたちのところにもやってきます。オーストラリアで人気のあるクリスマス・ソングには、6匹の白い大きなカンガルーが真夏の太陽の下、サンタクロースのソリを引いている情景を歌ったものもあります。

ボクシング・デー
ボクシング・デー
オーストラリア人はクリスマスの翌日、12月26日にボクシング・デーを祝います。これはイギリスから持ち込まれた祝日です。かつて、クリスマスにも働いていた裕福な家庭の召使いが翌日に休めるようにしたのが始まりとされています。メイドがいる家庭では、彼らに箱に入ったギフト(通常はお金)を与え、感謝の気持ちを表しました。またこの日には、クリスマス前に貧しい人のために寄付を募った教会が寄付箱を開けて中のお金を配りました。これらがボクシング・デーという名前の由来になったとされています。
このような意味合いが薄れた現在は、単に、夏の休みが1日増えたことをみんなで楽しむ休日となっています。ショッピングセンターやデパートなどではバーゲンセールが行われ、多くのお客さんで賑わいます。