ガイドブック自然

多様な生態系と固有の動植物

多様な生態系と固有の動植物
クオッカ
オーストラリア大陸には、世界の多種多様な生態系のおよそ10パーセントが存在しているといわれています。現在、国内には100万におよぶ固有種が存在し、淡水魚の大半、鳥類の約半分、また顕花植物、爬虫類、哺乳類の8割以上がオーストラリア特有の固有種であるとされます。大陸が5000万年以上にわたり孤立していたことから、これらの動植物は、この国の変化に富んだ気候や地理的条件に適応しながら、独特な進化を遂げてきました。それでは、どのような動物がいるか具体的に紹介していきましょう。

哺乳類

哺乳類は乳で子を育て、体表が体毛または毛皮に覆われているのが特徴で、単孔類、有袋類、有胎盤類の3つに分類されます。オーストラリアは、世界有数の古代哺乳動物に数えられるカモノハシなどの単孔類や、コアラやカンガルーを代表とする有袋類といった珍しい哺乳類が生息していることでよく知られています。これら哺乳類は元々オーストラリアにいた固有種ですが、羊やウサギなどは後の移民が農業目的などで国内に持ち込んだ外来種で、現在、外来種がオーストラリア固有の野生生物に及ぼす影響が問題となっています。
  • 別称
  • 特徴
  • 単孔類
  • 卵生哺乳類
  • ・最も原始的なグループ
    ・卵から孵化し、母親の皮膚の毛穴を通じて授乳
  • ・ハリモグラ
    ・カモノハシ
    (単孔類に属するのはこの2種類のみ)
  • 有袋類
  • 有袋哺乳類
  • ・未熟な状態で生まれた子供は、育児嚢と呼ばれる母親の袋で独り立ちできるようになるまでを過ごす
  • ・カンガルー
    ・タスマニアデビル
    ・コアラ
    ・ウォンバット
  • 有胎盤類
  • 一般的な哺乳類
  • ・母親が胎内の胎盤で子供を育てて出産するため、子供は発育が進んだ段階で生まれる(胎生)
    ・へその緒と胎盤で母親とつながっている
  • ・オーストラリア・オオコウモリ
    ・羊(外来種)
    ・ウサギ(外来種)

カモノハシ
カモノハシ
特徴:体長や重さは様々、平均体長50センチ、体重は2.7キロ、背中はベルベットのような茶色い体毛に、腹部は灰色の体毛で覆われている。柔らかいゴムの様なくちばしを持っている。足には水かきと爪がある。
主な餌:昆虫、ミミズ、淡水ザリガニ
生息地:河川や沼地に生息し、水辺に穴を掘り巣にする。目立たないよう行動することが多く、野生の環境で目にすることはめったにない。
分布:オーストラリア本土の東南部およびタスマニア州
その他:別名「ダックビル(アヒルのようなくちばし)」とも呼ばれている。一度に2つの卵をつながった状態で産む。繊細なくちばしを使い、水中で補食活動を行う。肺呼吸を行うが、ほとんどの時間を水中で過ごす。腹袋はない。

ハリモグラ
ハリモグラ
特徴:平均的な体長は35〜50センチで、重さは最大8キロ、平らな体は硬い毛と身を守るための5センチほどの鋭い針で覆われている。長く突き出た細長い鼻を持ち、粘り気のある長い舌を使って捕食する。
主な餌:昆虫、特にアリと白アリ
生息地:乾燥した森や草原、丸太の空洞部分、がれきの山など
分布:オーストラリア全土
その他:別名「スパイニー・アントイーター(とげのあるアリクリ)」と呼ばれることもある。最大1カ月間、何も食べずに生き延びることができる。母親の育児嚢の中に一度に1つだけ卵を産む。攻撃されると体を丸めてとがった針のボールのようになるか、針を立てたまま穴を掘り身を隠す。

カンガルー
カンガルー
特徴:大きく強い後ろ脚と小さな前脚をもっている。鹿のような小さな頭には、まっすぐ長い耳が立っている。長くて太い強力な尻尾で体を支え、バランスを保つ。一番大きいのはグレーカンガルーと赤カンガルーで、成体はどちらも体長1.8メートル以上、重さ90キロを超える。
主な餌:草木や葉(餌を食べるのは通常、夕方近く)
生息地:一般的には木がまばらに生えている林や草原、平地。中には木登りカンガルーなど特定の環境にうまく適応できる種もいる。
分布:オーストラリア全土
その他:頭数が多い7種類のカンガルーはオーストラリア全土に生息している。カンガルー科に属する動物のうち、カンガルーより小さいものをワラビーと呼ぶが、これは科学的に明確に分類されたグループに対する名称ではない。ワラビーも含め、大きさの異なる48種類のカンガルーが生存している。生まれたばかりのカンガルーは、体長1〜2センチほどで、体重は1グラムほど、通常、一度のジャンプで7.5メートルほど進み、時速50キロで移動することができる。攻撃されると、後ろ脚を強烈に蹴り出す。

タスマニアデビル
タスマニアデビル
特徴:体長約90センチで、肩までの高さは約35センチ。体は白と黒の硬い毛で覆われており、ずんぐりとした体形をしている。大きく強い顎と歯を持っている。
主な餌:小さな鳥や動物、昆虫
生息地:丸太の空洞部分や藪の茂み、岩の洞穴など、木の葉や草で巣を作る。
分布:オーストラリア本土では絶滅し、現在はタスマニア州のみで生息
その他:夜行性で、家族単位ではなく、単独で生活する。揺り木馬に似たような動きをする。育児嚢は後ろ向きに開いている。耳障りな喉声を上げる。餌を食べる時に攻撃的になる。近年、顔面を侵す癌のような病気に苦しんでおり、個体数が大幅に減少。この病気の治療法を見つけるため、現在数多くの研究が進められており、タスマニア州政府は2003年から「Save the Tasmanian Devil Program」を立ち上げ、保全活動に取り組んでいる。 この一環として2013年、海外の動物園がタスマニアデビルの飼育を通じた普及啓発活動をおこなうプログラムが始まり、2016年には東京都立多摩動物公園に2頭のタスマニアデビルが送られ、国内で唯一の飼育施設となった。

コアラ
コアラ
特徴:体長は60〜80センチで、体重は5〜12キロ、体は灰色の厚い毛に覆われ、小さな目、黒っぽい大きな鼻、長い足指に鋭い爪をもっている。まぶたやしっぽはない。生まれた時は約2センチで、5グラムほどの重さ。
主な餌:数種類の特定のユーカリの葉を毎日1キロほど食べる。
生息地:主に木の上で生活する。
分布:オーストラリア東南部
その他:通常、夜行性で、1日最大20時間も眠る。木登りが上手、英語では「コアラ・ベア」というニックネームで一般的に親しまれているが、クマ科ではない。現在、一部の種の間で、寿命を縮め繁殖能力を減少させる病気が発生している。

ウォンバット
ウォンバット
特徴:体は、黄みを帯びた黒色あるいは灰色褐色の長く硬い体毛で覆われている。穴掘りのための丈夫な爪をもち、ずんぐりとした丈夫な体型をしている。平均的な体長は最大約90センチ、体重は最大約30キロ。
主な餌:草、根、野菜および木の葉など
生息地:木の根や岩場の巣穴
分布:タスマニア州とオーストラリア本土の南部
その他:ウォンバットには3種類あり、オーストラリアにはすべての種類が生息している。夜行性。巣穴は広範囲に及ぶため数多くの入口がある。また、巣の場所を特定できるような獣道が森中にある。ウォンバットの育児嚢は、後ろ向きについているが、これは巣穴堀りをする時に、袋に土が入らないようにするためである。

鳥類

鳥類
ゴシキセキガイインコ
オーストラリアには、色鮮やかなオウムやペリカンなど様々な鳥がおり、国内に生息する鳥の8割以上がオーストラリア固有種です。中でもエミューやワライカワセミはオーストラリアを代表する鳥としてよく知られています。

 エミュー
エミュー
特徴:黒褐色またはくすんだ灰色の厚い羽毛に覆われている。頭と首の地肌部分は青っぽい色で、クチバシは短く黒い色をしている。小さな翼と長く丈夫な脚をもっており、足指は3本に分かれている。成体は体長が180センチを超え体重が35キロを超えることがある。
主な餌:牧草、種子、果物、昆虫など
生息地:草原地帯、半砂漠、低木地および森林保護区など
分布:国内全土に生息していたが現在はタスマニア州で絶滅
その他:メスは6〜11個の青緑色の卵を産み、オスが巣を作り、卵をふ化させる。飛ぶことはできないが、最大時速65キロで走ることができる。泳ぐこともできる。ダチョウに次いで世界で2番目に大きな鳥。オーストラリアの国鳥として、国章にも使われている。

ワライカワセミ
ワライカワセミ
特徴:体の割に大きな頭と強いクチバシをもっている。茶色がかった灰色の羽をもち、翼には短く青い斑点模様がある。
主な餌:ヘビ、トカゲ、げっ歯類、魚、ひな鳥、昆虫など
分布:オーストラリア本土東部
その他:世界最大級のカワセミ。 オーストラリアでは、「クッカバラ」という名前で知られている。 ヘビを餌にする場合、木の上まで持っていき、下に落とすという動作を繰り返して捕食する。

昆虫

昆虫
巨大シロアリの巣
オーストラリアには8万6000種以上の昆虫がいます。最も興味深い昆虫のひとつが北部で見られる、体長1.8センチの巨大シロアリです。この巨大シロアリの巣(アリ塚)は岩のようで、最大6メートルの高さになります。

クモ
セアカゴケグモ
クモ
オーストラリアには確認されているだけで2800種以上のクモがおり、最も危険なクモはセアカゴケグモとジョウゴグモです。ジョウゴグモの中には世界で最も毒性の強いものもあり、オーストラリア東南部に生息していますが、幸いにもそれほど目にすることはありません。1981年に抗毒血清が発明されるまで、オーストラリアでは10名以上がジョウゴグモに刺されて命を落としました。セアカゴケグモの腹部には様々な色のマークがありますが、多くの場合は赤色です。セアカゴケグモは、北米に生息するクロゴケグモの仲間で、オーストラリア全土に生息しています。

爬虫類

オーストラリアにはトカゲやワニをはじめとする爬虫類が多く生息しています。人間にとって危険なものもいますが、大部分は無害です。

トカゲ
エリマキトカゲ
トカゲ
オオトカゲは種によって体長45センチから1.8メートルにわたるものまで様々です。鋭い爪と短い脚、二股に分かれた長い舌を素早く出したり引いたりします。中には樹上に生息するものもあります。エリマキトカゲはオオトカゲの一種で、首の回りを覆う珍しい襟巻状のひだ襟を、怒った時や脅威を感じた時に広げます。敵が威嚇で怯まない場合には、長い後脚で立ち、高速で逃げ去ります。

ワニ
淡水ワニ
ワニ
オーストラリアには、イリエワニ(別名海水ワニ)と淡水ワニの2種類がいますが、どちらも熱帯海域にのみ生息し、保護されています。淡水ワニは北部の川の上流や川の中の水溜り、小さな沼にのみ生息し、人間を襲うことはなく、小さな獲物だけを餌としています。体長が3メートルを超えることはほとんどなく、長く突き出た鼻をしています。

イリエワニは入江と大きな海岸河川にある、淡水と海水が混じり合った塩分の少ない水域(汽水域)に生息し、オーストラリア北部全域および東南アジア全域に分布しています。この種のワニは魚、カニ、ミズネズミをいった小型の水生動物を餌にしています。たまに牛や馬といったより大きな獲物を捕食することもありますが、人を襲うことは滅多にありません。イリエワニは体長7メートルまで成長し、重さ1トンになることもあります。

魚類

サメ
ジンベイザメ
サメ
サメはオーストラリアの海岸全域に生息しています。クロヘリメジロザメやハイイロメジロザメは大型の危険なサメで、西部に多く生息しています。グレーナース(シロワニ)は比較的動きが鈍いサメで、通常、オーストラリアン・サーモンなどの魚を餌にします。

イタチザメは濃い灰色の表皮に、より色の濃い縞模様と斑点があるサメで、熱帯または亜熱帯海域に生息しています。

ジンベイザメは世界最大級の魚類で、3月から7月にかけて西オーストラリア州沖で見ることができます。

ホワイト・ポインター(別名ホオジロザメまたはホワイトデス)は体長が12メートル近くになることがあり、おそらくすべてのサメの中で、最も危険な種類と言えるでしょう。ホワイト・ポインターは南極海に生息し、夏はオーストラリア南部の海域で、冬はクイーンズランド州沖で過ごします。オーストラリアの海域では、ホワイト・ポインターは絶滅危急種と見なされ、保護されています。

希少種および絶滅の危機に瀕した動植物

希少種および絶滅の危機に瀕した動植物
タスマニアタイガー
多種多様な動植物が存在するオーストラリアですが、中には人間の定住と自然環境の変化により、人々が関心を払うようになる前に絶滅の一途を辿ったものもあります。20世紀初頭まで、オーストラリアにはタスマニアタイガーと呼ばれる犬と同じくらいの大きさの有袋動物がいましたが、羊を襲うということで乱獲され、本土から姿を消してしまいました。タスマニア州ではその後も生き残っていましたが、1930年代以降その生存は確認できておらず、現在では既に絶滅した可能性が高いとされています。また、オーストラリアを代表する人気者のコアラも生息環境の変化から来るストレスや病気などの危険にさらされ、州や生息場所によっては、絶滅の危機に瀕する可能性も指摘されています。

このような背景から、オーストラリアでは、近年、絶滅の危機に瀕している動植物の保護を目的とした様々な活動が行われています。連邦および各州政府は生息環境の保全と修復のプログラムを作り、希少種・絶滅危惧種を積極的に保護し、これらの動植物を繁殖させ、自然に帰す努力をしています。